障害者総合支援法とは?

障害者総合支援法には、身体障害者障害程度等級のいずれかに該当した場合、各市町村の福祉担当窓口へ申請手続きをすることで、原則一律1割の自己負担で補聴器など補装具の費用が支給される制度があります。

■聴覚障害等級
対象器種の目安級別障害の状態
重度難聴用2級両耳の聴力レベルがそれぞれ100デシベル以上のもの(両耳全ろう)
3級両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの(耳介に接しなければ大声話を理解し得ないもの)

高度難聴用
4級1.両耳の聴力レベルが80デシベル以上のもの(耳介に接しなければ大声話を理解し得ないもの)
2.両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの
6級1.両耳の聴力レベルが70デシベル以上のもの(40センチメートル以上の距離で発音された会話話を理解し得ないもの)
2.一側耳の聴力レベルが90デシベル以上、他側耳の聴力レベルが50デシベル以上のもの
■障碍者総合支援法 補聴器購入基準価格表 【種目:補聴器】
対象器種の目安名称価格備考
重度重度難聴用ポケット型
【DHP】
¥55,800※価格は電池、骨導レシーバーまたはヘッドホンを含むものであること。
※身体の障害の状況により、イヤモールドを必要とする場合は、修理基準の表に掲げる交換の額の範囲内で必要な額が加算されます。
※重度難聴用耳かけ型でFM型受信機、オーディオシュー、FM型用ワイヤレスマイクを必要とする場合は、下記の交換価格の額の範囲内で必要な額が加算されます。

【修理基準】
●イヤモールド交換:¥9,000 ●オーディオシュー交換:¥5,000
●FM型受信機交換:¥80,000 ●FM型ワイヤレスマイク交換(充電池含む):¥98,000

耐用年数:5年
重度難聴用耳かけ型
【Octiv SP+】
¥67,300
高度高度難聴用ポケット型
【DMP】
¥34,200
高度難聴用耳かけ型
【Teneo HP+】
¥43,900

営業カレンダー

2月 2024
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29    
« 1月   3月 »
PAGE TOP